TAGS : #起業

開業届は出さない方がいい?副業やフリーランスで開業するメリット

業務委託や自宅サロン経営など、フリーランスとして開業届を出すべきか迷っていませんか?開業届の提出は税制面などメリットが多いですが、白色申告を続けたい場合など出さないほうがいい場合もあります。開業届を出さないと副業収入や確定申告はどうなるのでしょうか?本記事は開業届を出すメリット・出さないメリットなどを詳しく解説します。

開業届は出したほうが税制上の優遇が得られるなどメリットが多いです。しかし、白色申告を続けたい人や帳簿作成をしたくない人など、開業届を出さないほうがいい場合もあります。開業届を出さないと、副業の収入や確定申告はどうなるのでしょうか?

本記事では、開業届を出すメリット・出さないメリットを紹介し、開業届を出さないほうがいい人と出したほうがいい人を明確に解説します。開業届の出し方なども基本から解説しているので、ぜひ参考にしてください。


そもそも開業届とは

開業届とは、個人が事業を始めたことを申告する届出です。正式名称は個人事業の開業・廃業等届出書といい、所轄の税務署に提出します。

開業書を提出すると、個人事業主として認められます。混同しやすいですが、会社設立をする法人化とは異なる手続きです。

個人事業主として開業するには、税務署に開業届を提出するだけで無料で手続きできます。一方会社設立は、法人登記のために登記費用や資本金の準備が必要です。

フリーランスとして業務委託料をもらっている場合や、自宅サロンを経営している場合など、個人事業で収入があるなら開業届を出す選択肢が出てくるでしょう。


個人事業主と法人の違いをさらに詳しく解説したこちらの記事もおすすめです。

個人事業主になるメリットは?デメリットや法人化との違いも解説


開業届を出さないとどうなる?