TAGS : #起業

開業届の書き方は?必要書類やもらえる場所・職業欄も解説

フリーランスの仕事や副業を始めて個人事業主になるには、開業届の提出が必要です。本記事は開業届の書き方を順を追って解説します。ダウンロード方法や必要書類、事業の概要欄など各項目の書き方まで、基礎から解説します。職業欄については、ウーバーイーツなどの配達員やせどり、軽貨物運搬など、具体的な仕事を例に挙げて解説します。

フリーランスの仕事や副業を始めて個人事業主になるには、開業届の提出が必要です。しかし、開業届は記入欄が多く、税に関係する書類なので「書き方がわからない」「これで合っている?」など、不安を感じる人も多いのではないでしょうか?

本記事は、開業届の書き方を順を追ってわかりやすく解説します。ダウンロードの方法や提出時の必要書類、各記入項目の書き方など、基礎から解説するので初めての人でも安心です。

気になる職業欄については、ウーバーイーツなどの配達員や軽貨物運搬、具体的な仕事を例に挙げて解説します。

さらに、開業届提出のメリット・デメリットも解説するので、開業届の記入・提出にぜひ役立ててください。


開業届とは?|入手方法やダウンロード先

開業届は、個人が事業を開始したことを通知する書類のことをいい、税務署に提出します。開業届は通称で、正式名称は個人事業の開業・廃業等届出書です。その名のとおり、廃業も同じ書類で提出します。

開業届は、事業を始めてから1ヵ月以内の提出が推奨されています。税制上のメリットも大きいので、事業を始めたら開業届の提出を検討してみてください。

開業届の提出は書面やオンラインでできます。届出書は税務署でもらうこともできますが、国税庁公式サイトでダウンロードしたほうが手間がかかりません。


こちらからPDFをダウンロードして印刷できます。​
国税庁個人事業の開業・廃業等届出書(提出用・控用)


開業届の書き方